受付時間

蓮田院

蓮田院

蓮田院

上尾院 0487782182

上尾院

上尾院

足底筋膜炎(足底腱膜炎)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝の寝起きの一歩目にかかとの痛みがある
  • 長時間の立ち作業でかかとの痛みや足の裏が痛い
  • スポーツを始めてからかかとの痛みや足の裏が痛くなった
  • 整形外科で足底筋膜炎(足底腱膜炎)と診断された
  • どこに行っても良くならない

足底筋膜炎(足底腱膜炎)はなぜ起きるのか?|埼玉県 ひかり整骨院

朝、寝起きの一歩目にかかとの痛みや足の裏の痛みを感じることはないでしょうか。
起床後は動かすにつれてだんだんとかかとの痛みは弱まることが多く、朝の支度をしているうちに忘れてしまうということもあります。しかし日中、椅子などに長く座った後に立ち上がった時には再びかかとの痛みや足の裏の痛みを感じることがあります。
足の裏には、踵の骨から5本の指のつけ根の骨にむかって「足底筋膜・そくていきんまく」という筋肉が扇状に広がっています。「足底筋膜・そくていきんまく」の働きは、足の裏の土踏まずを作り、体にかかる衝撃を吸収しています。

また、ふくらぎの筋肉(腓腹筋とヒラメ筋)が足首付近でアキレス腱になり踵の骨に付着していますが、歩行やジャンプ動作の時にはこれらのふくらはぎの筋肉が主に良く働きます。歩く時の負担は、踵に70%、踵から足先の部分に30%かかります。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)は40歳〜60歳の女性に多く何らかの原因により足裏の土踏まずから踵に繰り返し大きな負荷がかかることによって炎症が起き、スポーツ時の痛みだけでなく日常生活でも足の裏やかかとの痛みが強く出る症状です。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)の原因としてマラソンやランニング、ジャンプスポーツによる使い過ぎ、バレエダンス、エアロビクスなどのステップを多く踏む動作、足関節の安定・柔軟性の低下(アライメント不良)、足裏の土踏まずが低下する「扁平足(へんぺいそく)」、逆に足裏の土踏まずが高すぎる「ハイアーチ」、工場労働や営業職などの長時間の立ち仕事も、動いている時と比べで刺激は少ないが常に足裏に荷重がかかります。

こんなにある!かかとの痛み原因

足底筋膜炎(足底腱膜炎)の他にもかかとの痛みを感じる症状があります。
成長期の過度な運動による血液循環障害(踵骨骨端炎・しょうこつこったんえん・セーバー病)、アキレス腱に負荷のかかるアキレス腱炎、足の指が内側に曲がり、かかとに負担がかかって痛みを引き起こす外反母趾。
注意しなければならない症状もあります。
歩く→痛む→休む…の繰り返し、ふくらはぎからかかとにかけての冷え感。左右両側の足に寝ても治らないむくみが生じている場合は、閉塞性動脈硬化症、リンパ浮腫、心臓、肝臓、腎臓、など重い病気の可能性があります。
このような症状がみられる場合は、重大な病気が原因でかかとの痛みが起きている可能性があります。すぐに循環器などの専門医を受診してください。”
また肥満体型や短期間の急な体重増加なども足の裏やかかとの痛みの原因となります。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)が悪化すると

足底筋膜炎では、足底筋の柔軟性が低下して負担が大きくかかることにより足の裏やかかとの痛みが出ます。
炎症が長く続くと足底筋膜と踵の骨をつないでいる腱が骨になってトゲのようになります。この状態を踵骨棘(しょうこつきょく)といいます。踵骨棘が出来るほど悪化させてしまうととても治りにくくなってしまうので、そうなる前の予防が大切になります。

また、足の裏やかかとの痛みの大きな原因として、骨盤のズレや歪みが関係しているという研究があります。骨盤のズレや歪みを抱えたまま生活や運動を続けることによって、歩く時のかかとにかかる衝撃を身体全体で吸収し切れずに、踵に過度な負担がかかり、踵の骨やかかと周囲の腱などに小さな傷(損傷)ができます。

これらの傷(損傷)がすぐに治ればかかとの痛みや腫れなどの症状は起きませんが、年齢を重ねると治りが遅くなった、繰り返しの運動によって負担がかかり続けたりして治りきらない状態となります。
傷(損傷)が生じると生体の反応として血管を増やしますが、血管と神経は対(つい)になって一緒に増える性質があるため、かかとに筋肉が付着する部分には普段は存在しないような異常な血管と神経が新しく発生して、神経過敏な状態になり、足の裏やかかとの痛みが強く長引く原因となります。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)が治らない・悪化する理由は?|埼玉県 ひかり整骨院

足底筋膜炎(足底腱膜炎)の治療では、痛い部分の安静と固定、鎮痛薬(飲み薬・注射)が行われます。固定にはテーピングが使われます。またインソールで土踏まずを安定させる事も有用で90%は保存療法で治ると言われてます。足底筋膜炎(足底腱膜炎)は安静にしていると炎症がおさまってきて足の裏の痛みやかかとの痛みが軽減していきます。

ここで治ったと勘違いをして、「痛むけど歩けないわけではないから大丈夫・動けるから大丈夫」という判断をして仕事や運動を続けてしまい、重症化してしまうケースが多いです。再発を繰り返すとの足底筋膜炎(足底腱膜炎)が慢性化してしまい、非常に治りにくくなります。
長期の足裏の痛みはMPS(筋筋膜性疼痛症候群)にもつながることがあります。MPSになると患部だけでなく、患部をかばって膝、股関節、腰などに負担がかかり痛みを引き起こしてしまいます。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)は足底患部だけ治療するのではなく、根本的に改善するためには、「アーチを高く保つこと」と「過回内の矯正」が重要になります。
また、炎症や痛みが長期間にわたると心身のバランスが崩れ、体の運動機能が上手く働かなくなったり、痛みやしびれなどの症状をはじめ、様々な体の不調が出てきます。

この状態をマルファンクションといいいます。マルファンクションは慢性的な炎症や痛みの根本的な大きな原因のひとつであることが多いです。この状態を改善しないと足底筋膜炎(足底腱膜炎)の痛みが治らない。悪化するということが起きます。※糖尿病の症状の一つに足裏の痛み、痺れが出ることがあります。血糖値が160mg/dlを超えてさらに高くなってくると、症状がゆっくりと出てきます。

毛細血管(細い血管)の障害による血流の悪化と、それにより体の隅々まで酸素や栄養が運ばれなくなることで起きる神経の障害です。このような症状がみられる場合は、病気が原因で足裏の痛みが起きている可能性があります。すぐにかかりつけの専門医を受診してください。

【状況別】かかと痛みの治療法|埼玉県 ひかり整骨院

セルフケア

●ふくらはぎと足の裏の筋肉と柔軟性を高める
ふくらはぎと足の裏の筋肉の柔軟性が低下すると、足底筋膜に強い牽引力(引っ張られるストレス)がかかり、炎症をおこし足の裏やかかとの痛みが出ます。
ふくらはぎや足の裏の筋肉のストレッチ・トレーニングをとりいれ、筋力と柔軟性アップを目指しましょう。

●クッション性のあるシューズを選ぶ
ソールが薄いシューズや革靴、パンプスは、歩行中足を地面につく衝撃が直接伝わります。
衝撃から足を守るためにクッション性の高いシューズを選びましょう。偏平足やハイアーチのある人は、インソール(中敷き)の使用も効果的です。

●運動量や長時間の立ちっぱなしをコントロールする
過度な運動や長時間作業が原因の場合、負担のかかる量を少なくする調整が必要です。

グー・チョキ・パー運動
ジャンケンと同じように、足の指を使ってグー・チョキ・パーを作ります。親指から小指まで、できるだけ大きく動かすのがポイントです。
タオルギャザー
床にタオルを置き、足をタオルの端にのせます。足指を使ってタオルをたぐり寄せましょう。10回を1セットとし、1日2セットを目安に行います

病院に行く

セルフケアをしてみたが症状が変わらない、悪化をしてしまった場合は、足の裏の専門医の診察や検査を受けましょう。
病院ではレントンゲンやMRI検査などの画像診断、投薬治療が中心です。
痛みを緩和する薬の処方(飲み薬や貼り薬)や局所麻酔、ステロイドのブロック注射を行ないます。
ひどい痛みをすぐに取りたい方や薬が欲しい方は病院を受診することがいいでしょう。

整骨院に行く

病院に通院していたがリハビリをしっかりやりたい、セルフケアが難しいので手伝って欲しい、根本的に治療したい、アレルギーがあり麻酔注射をしたくない、あまり薬は飲みたくない、注射は怖い、セルフケアでも大丈夫そうだけど不安、といった場合には整骨院で治療するのが良いでしょう。
整骨院では坐骨神経痛が原因で起こる様々な症状を解消することを目的に、マッサージや整体、姿勢矯正、EMS、ストレッチ、リハビリトレーニング、栄養改善、生活習慣改善サポートなどを行います。
しかし、整骨院によっては整体治療のみ、マッサージ治療のみ、怪我の治療のみといったところもあるため、統合治療を行う整骨院を選ぶことがとても大切です。
整骨院での治療は日本古来からの柔道整復術、整骨術を基本とし、様々な整体術、西洋医学、東洋医学を取り入れた体に優しい自然療法です。

ニュートライズ療法®とは

ニュートライズ療法は、心と身体の健康の関連性に着目した代替医療アプローチ法です。
身体の痛みや不調の状態が精神的・感情的な要因や生活背景によって大きく左右されること、身体の不調が心の不調や生活の質に与える影響を考慮します。
怪我・疾患・ストレス・出産などにより心身のバランスが崩れ、体の運動機能が上手く働かなくなったり、腰痛などの症状をはじめ、様々な体の不調が出てきます。この状態をマルファンクションといいます。マルファンクション状態の体をひかり整骨院オリジナルの評価法で検査します。

検査結果に従って、

【精密なストレッチ】

固くなった筋肉を伸ばすことにより柔軟性を回復し、 血流を改善します。
上尾、蓮田ひかり整骨院では、筋肉に適切な負荷をかけることで狭まった関節可動域を広げます。

 

【神経ストレッチ】

身体を動かす時には、筋肉が自動的に収縮したり、 他動的に伸張されたりします。そこで、身体の柔軟 性を高め、関節の可動域を広げるために、筋肉を伸張するストレッチがよく行われています。それと同時に身体を動かす時には、筋肉だけでなく、 神経系も伸びたり縮んだりしています。
神経系は人間の身体が運動に対して適切に反応し、調整する能力をもっています。その適応メカニズムが怪我や負傷により障害されることで、日常生活や身体運動に対して不適応を起こしてし まうことがあります。そうなると、痛みや可動障害などが起こり、痛みの原因、様々な不調を引き起こす原因になります。
上尾、蓮田ひかり整骨院では、神経にストレッチを加え伸ばすことで滑走を良くし、体の神経伝達を整えることで痛みの原因、様々な不調を改善します。

 

【神経スラスト】

身体運動が行われるとき、神経系は伸び縮みするだけでなく、神経系の周囲を取り巻く組織の中をスライド(滑走)します。
ストレッチを行 うと、ビーンとしび れるように痛くなる人がいます。この不快な痛みや しびれは、神経系が引っ張られるために起きるもので、神経系の柔軟性が低い人に起こります。
筋肉に対してだけストレッチを行っ ていても、十分な効果は得られていません。神経系 の柔軟性が乏しいことで制限が加わり、筋肉を十分 に引き伸ばせない可能性があります。
上尾、蓮田ひかり整骨院では身体運動の機能回復行うために一人ひとりの症状にあった治療を選択し施術を行っています。

 

【マッサージ】

手技によるマッサージで硬くなった筋肉をほぐします。
主な効果として、・疼痛の緩和・血液・リンパの循環改善・関節可動域の維持・増大・心肺機能の改善・内蔵諸機管の機能改善・残存機能の改善・心理的効果などがあります。
上尾、蓮田ひかり整骨院では身体運動の機能回復行うために一人ひとりの症状にあった治療を選択し施術を行っています。

 

【筋膜リリース】

筋肉は、筋膜という薄い組織膜に包み込まれています。筋膜は柔らかい組織なので、崩れた姿勢や動作をとり続けることや同じ姿勢を長時間とり続けること、怪我などによって身体の一部に負担がかかり、身体がアンバランスな状態となると筋膜が自由に動けない状態になります。すると筋膜のよじれが生じて筋膜と皮膚・筋肉との間の滑らかな滑りが失われ委縮・癒着(ゆちゃく:からまる、くっついてしまうこと)しやすい特徴があります。この筋膜の委縮や癒着が筋肉の柔軟性を損なう原因となり痛みや不調を招く事があります。
上尾、蓮田ひかり整骨院では身体運動の機能回復行うために一人ひとりの症状にあった治療を選択し、筋肉を引っ張ったり伸ばすことで、筋肉の滑走を良くし、痛みを取り除きます。

 

【運動療法】

・抵抗運動
筋力増強のリハビリにより、正常な動きのための筋肉をつけ、正しい関節運動の再教育をします。

・PNF
最大筋力を出した後の筋肉のゆるみを利用し、筋肉を伸ばすことで神経伝達を改善します。
・コーディネーショントレーニング
バランスディスクやバランスボールを用いて体幹や関節機能を改善します。

・呼吸リハビリ
痛みや自律神経を整えることで呼吸の障害を取り除きます。

・認知行動療法
カウンセリングにより痛みの原因を正しく理解してもらい、認知の歪みを正します。
上尾、蓮田ひかり整骨院では身体運動の機能回復行うために一人ひとりの症状にあった治療を選択し施術をおこなっています。

 

機能障害の原因である筋、腱の動きの悪さを解消し、関節可動域・姿勢・運動を正常化してニュートライズ・中立化し不調を解消。
そして筋力を増強することでニュートライズした体を維持していく根本治療を目指します。

ニュートライズ療法は、胸郭の機能性と自律神経機能の関係、胸郭の機能性と全身の関節運動機能の関係、筋力と認知機能、筋力と内臓機能、メタ認知能力と幸福度の関係、認知の歪みからと生き難さ感の関係など、心身医科学、機能解剖学などの様々な研究をもとに、ウェルビーング、ニュートラル思想の実現に向けて行う治療プログラムです。
ウェルビーイングとニュートラルな思考は、健康的なライフスタイルに欠かせない要素です。
様々な心身の機能とバランスの取れたライフスタイルの実現には関連性があることが、様々な研究により明らかになっています。
例えば、胸郭機能は体のシステムを調整する自律神経機能に関連しています。
また、胸郭機能は、全身の関節の柔軟性や強さにもつながっています。
さらに、筋力と認知機能、筋力と内臓機能(体の臓器)にも関連があります。
メタ認知能力(自分がどう考えているかを考えること)とウェルビーイングは、相互に関連し、認知の歪み(誤った認識)を理解し、修正することも有益であると考えております。

お身体の痛みや不調でお困りの方は今すぐ上尾ひかり整骨院、蓮田ひかり整骨院にお電話ください。

執筆者:資格/柔道整復師
総院長 山田 弘喜

ひかり整骨院総院長の山田弘喜です。
学生の頃から様々なスポーツを経験し、多くの怪我に悩まされ練習参加や試合出場ができず悩んできました。また、痛みにより日常生活にも支障をきたすことも経験しました。
日々の生活の中で痛みや不調を抱え、苦しんでいる方は多くいると思います。 そんな方を助けたい、少しでも手助けができればと思ってます。

患者様の声

佐藤様 46歳 伊奈町 足底筋膜炎

佐藤様 46歳 伊奈町 足底筋膜炎

1.当院に来院した時は、どんな時に、どのような痛みがありましたか?

①・ストレートネックと診断された
 ・首の痛みと肩のハリ

②・足底筋膜炎と診断された
 ・かかとの内側の痛み(歩くとかなり痛い)

 

2.治療を受けられて痛みはどのように変化しましたか?

①首の痛みは改善された。肩のハリは施術と平行してストレッチの方法を教えていただき、現在は快方に向かっている
②長期間通わなければならないケガでしたが、先生のアドバイスと施術で完治しました。

治療だけでは限界があると思われます。先生のアドバイスを受け、日々のストレッチや生活を改善することが快方への近道だと思います。

※免責事項:お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

お問い合わせ

蓮田院

  • title
  • 蓮田院
  • 蓮田院
  • 蓮田院
  • 住所:埼玉県蓮田市本町1-25ヤワラビル2F
  • title
  • 上尾院 0487782182
  • 上尾院
  • 上尾院
  • 住所:埼玉県上尾市谷津2-2-2

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

スタッフ紹介

紹介制度

採用情報

損害保険会社の
担当者様へ

各院のご紹介

  • facebook
  • instagram
  • ブログ

会社概要

プライバシーポリシー