受付時間

蓮田院

蓮田院

蓮田院

上尾院 0487782182

上尾院

上尾院

オスグッド

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝の前面が痛い
  • 運動中、運動後に膝の前面が痛くなる
  • 特にランニングやジャンプ動作で痛い
  • 普段は痛くないが、スポーツを再開するとまた痛くなる
  • 膝前面の痛みが改善しない

オスグッドはなぜ起きるのか?|埼玉県 ひかり整骨院

オスグッドとはオスグットシュラッター病(Osgood-Schlatter病)のことです。オスグッドシュラッター病は成長期の膝のスポーツ障害として代表的な疾患です。

成長期のスポーツや運動を良く行う方(男子では10~14歳、女子では8~12歳)に多く、約30%は両足(両側性)に発症するとされています。

また、サッカーでボールを蹴る時など、キック動作を伴うスポーツ選手では蹴り足ではなく軸足に発症する事が多いです。

オスグッド病は発育期における急激な骨成長と筋・腱のバランスの不均衡や脛骨粗面部(膝のお皿の下にある骨が出っ張っている所)の力学的脆弱性(りきがくてきぜいじゃくせい)に大腿四頭筋の反復牽引力が加わり部分的剥離、裂離骨折が生じて発症するという説が有力だと考えられています。

オスグッド病の症状は脛骨粗面部の疼痛(痛み)であり、同部位に圧痛、腫脹、軽度の熱感、骨性隆起(骨が出っ張る)が起きます。

また、ジャンプの着地やスクワット動作、膝を深く曲げた際に痛みが出ることが多いです。

オスグッド病の発生率は10~20%といわれています。発生頻度が高い疾患であるにも関わらず、問題のない成長期の痛みとして認識されている事も少なくなく、放置され医療機関を受診しないケースも多いようです。

しかし、痛みが非常に強い例や痛みが長引く例もあり、子供達のスポーツ活動に大きな影響を与え、結果的にスポーツ活動の中断や競技種目の変更につながってしまう事もあります。

症状の消失時期は、成長期の終わりに患部である脛骨粗面の骨化(成長期の柔らかい骨から大人の硬い骨に変わること)が起こりますが、その脛骨粗面の骨化が完了する時期に症状が消失する事が多いです。

しかし、浅・深膝蓋下滑液包炎や膝蓋腱症、膝蓋下脂肪体炎を合併している事があり症状が複雑化している事があり、その場合には痛みがさらに長引く場合があります。大人になってもオスグッドの痛みが残っているケースで見られるのがこのように複雑化したものです。

オスグッドの痛みが治らない・悪化する理由は?|埼玉県 ひかり整骨院

オスグッド病の痛みを抱えながらサポーターやテーピングを用いてスポーツを継続している子供達は多いのではないでしょうか?

オスグッド病において最も強く推奨されているのは活動制限であり、疼痛が強い時期には活動レベルを制限する事が重要になります。つまり、オスグッド病の治し方は休むことです。

その一方で、安静期間や許容される活動レベルについて明記された研究報告がないのが現状です。

どのくらいの期間休めばいいのか?どのくらいまで動いていいのか?の科学的研究が今のところありません。

通常は安静や活動制限により一時的に疼痛が緩和する事がありますが、発生・増悪リスクを排除できていない状態でスポーツ活動を再開すると再発してしまう事が多いです。

オスグッド病の発症には下肢(脚)の柔軟性低下や動作時に重心が後方に偏る事が関与するという研究報告があり、ストレッチに加えて骨盤後傾(腰が丸まること)の修正を目的とした股関節周囲の筋力トレーニング、スポーツ動作の改善が非常に重要だと考えられます。

不良姿勢や体幹の柔軟性低下は習慣的に後方重心(踵寄りの重心)となり、後方重心になると大殿筋(お尻の筋肉)の活動が低下し、大腿前面の筋群の硬度が高まりやすくなります。

また、ハムストリングス(ももの裏側の筋肉)の柔軟性が低下している事なども骨盤後傾を伴いやすくなり、スポーツなどで脚を挙げる動作の際にも骨盤後傾を伴ってしまう場合は、荷重の偏位(偏り)が強いられ片脚時の膝関節前面にかかる負担が大きくなってしまいます。

スポーツ動作の構えでは、腰を落とし、膝関節屈曲位、体幹前傾位となる事がほとんどですが、オスグット病患者のスクワットでは脊柱の後弯(猫背)や股関節屈曲運動不足といったアライメント不良(骨の並び方や関節の動かし方の不良で、前者はスタティックアライメント、後者はダイナミックアライメントという)が見られることが多いです。

オスグット病患者のジャンプ着地やストップ動作時には、体幹側方傾斜(体が片側に傾く)や股関節内旋による膝外反(股関節を曲げると膝が内に入る)などの異常パターン(ダイナミックアライメント不良)を伴い、膝関節に捻れストレスが生じている事があります。

また、腱(筋肉の両端)が硬い、伸展性が低い方がオスグッド病になりやすいという研究結果があります。

腱の硬さは体質もありますが、体調、栄養、睡眠、休養などで非常に左右されます。

オスグッド病はもとより、成長期におけるスポーツ傷害、障害の予防において、休養と睡眠、栄養、ストレスコントロール、爆発的瞬発力を要するトレーニング負荷の適切な量の設定、必要十分な関節柔軟性の確保などが非常に重要です。そして全身のコンディションチェックが非常に大切です。しかし、これらを家庭で行うのは時間などの様々な制限がありなかなか難しいと思います。

これらの要因がオスグッド病の痛みが治らない、悪化する要因だと考えられます。

最近明らかになった研究結果をまとめると、
・オスグッド病のリハビリにて、股関節への鉛直上での荷重感覚を重視し、その上で屈曲・伸展・回旋運動を行なうことで適切な下肢筋群の筋活動が得られ、短期間に膝関節へのストレス減少に繋げることが出来た(理学療法学Supplement2009)

・膝蓋下脂肪体の柔軟性改善操作がオスグッド病の運動療法として有効であるものと考えられる(第51回日本理学療法学術大会抄録集2016)

・オスグッド病の方とオスグッドでない方の比較で、しゃがみ動作をした際、オスグッド病の方は膝の屈曲角度が少ないのと同時に、股関節、足関節の屈曲角度が少ない事が分かった(東京保健科学学会誌1999)

・オスグッド病の発症前には膝関節屈曲,下肢伸展挙上,股関節外旋の関節可動域や柔軟性が低下している(体力科学2016)

・オスグッド病が好発する年齢の時期に下肢を中心とした静的ストレッチングが,オスグッド病の罹患率(発症率)を低下させオスグッド病の発症予防に有効である可能性を示した(日本整形外科スポーツ医学会雑誌2020)
・硬く伸展性の低い腱、腱組織がオスグッド病の罹患に関連することが明らかとなった。筋に関しては、非伸張条件下ならびに能動的筋力発揮条件下では筋の硬さ、伸展性がオスグッド病の罹患に関連するとは言えないこと、受動的伸張条件下では、大腿直筋の硬さがオスグッド病の罹患と関連するが、外側広筋のそれは関連するとは言えないことが示された、加えて、筋と骨の長軸方向への成長の相異もオスグッド病の罹患と関連するとは言えないことが明らかとなった。筋と骨の成長のアンバランスはオスグッド病の発症と相関が認められない(兵庫教育大学大学院2020)

新知識のまとめ|埼玉県 ひかり整骨院

・オスグッド病の原因
 今までー筋と骨の成長のアンバランス・・・安静が大事
 今ー腱が硬い、下肢の柔軟性不足、静的・動的アライメントの不良、大腿直筋の硬さ・・・  

・オスグッド病の治療とリハビリ
 今までー安静、サポーター、下肢のストレッチ、下肢のストレッチ、成長期が終わるのを待つ・・・安静が大事
 今ー腱を柔らかく保つために全身状態の改善(栄養、休養、運動のバランス)、適切な運動量のコントロール、姿勢と動きのアライメント改善、股関節・足関節の柔軟性・体幹の安定性の獲得、膝蓋下脂肪体の柔軟性改善、片足荷重での正しい運動方法の会得(バランスクッション上での片足トレーニングなど)

上尾市と蓮田市にあるひかり整骨院のオスグッド の施術方法とは?|埼玉県 ひかり整骨院

上尾ひかり整骨院と蓮田ひかり整骨院の長年の研究から開発された「ニュートライズ療法®」でオスグッド病の痛みの原因となる筋肉、骨格、神経、姿勢などのバランスの崩れや関節の柔軟性の低下、腰骨、骨盤などのズレ(アライメントの不整)、筋筋膜性疼痛症候群や神経の滑走性の悪さ、脊椎や関節の不安定性などを調整して筋、関節をほぐし、胸部ー体幹ー股関節ー膝関節の協調性を作り、関節の運動障害を解消、神経の滑走性を誘導し、オスグッド病の症状が再発しにくい姿勢と体を作っていきます。

ニュートライズ療法®とは

怪我・疾患・ストレス・出産などにより心身のバランスが崩れ、体の運動機能が上手く働かなくなると、オスグッド病の症状をはじめ、様々な体の不調が出てきます。

この状態をマルファンクションといいます。

マルファンクション状態の体をひかり整骨院オリジナルの評価法で検査します。

検査結果に従ってオリジナルの精密なストレッチ、神経ストレッチ、神経スラスト、マッサージ、筋膜リリース、運動療法などを用いて、多くの痛み、機能障害の原因である筋、腱の動きの悪さを解消し、関節可動域・姿勢・運動を正常化してニュートライズ・中立化し不調を解消。

そして筋力を増強することでニュートライズした体を維持していく根本治療を目指します。

オスグッド病でお困りの方は今すぐ上尾ひかり整骨院、蓮田ひかり整骨院にお電話ください。

執筆者:資格/柔道整復師 総院長 山田 弘喜

ひかり整骨院総院長の山田弘喜です。

学生の頃から様々なスポーツを経験し、多くの怪我に悩まされ練習参加や試合出場ができず悩んできました。また、痛みにより日常生活にも支障をきたすことも経験しました。

日々の生活の中で痛みや不調を抱え、苦しんでいる方は多くいると思います。 そんな方を助けたい、少しでも手助けができればと思ってます。

執筆者:資格/柔道整復師
総院長 山田 弘喜

ひかり整骨院総院長の山田弘喜です。
学生の頃から様々なスポーツを経験し、多くの怪我に悩まされ練習参加や試合出場ができず悩んできました。また、痛みにより日常生活にも支障をきたすことも経験しました。
日々の生活の中で痛みや不調を抱え、苦しんでいる方は多くいると思います。 そんな方を助けたい、少しでも手助けができればと思ってます。

お問い合わせ

蓮田院

  • title
  • 蓮田院
  • 蓮田院
  • 蓮田院
  • 住所:埼玉県蓮田市御前橋2-2-3
  • title
  • 上尾院 0487782182
  • 上尾院
  • 上尾院
  • 住所:埼玉県上尾市谷津2-2-2