受付時間

蓮田院

蓮田院

蓮田院

上尾院 0487782182

上尾院

上尾院

シンスプリント

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 走るとスネの内側が痛い
  • ジャンプするとスネの内側が痛い
  • 押すとスネの内側が痛い
  • 運動するとスネの内側が痛くなり、徐々におさまるが再度運動すると痛くなる
  • 何もしなくてもスネの内側が痛い

シンスプリントとは|埼玉県 ひかり整骨院

シンスプリントは、使い過ぎで起こるオーバーユース障害の1つであり、繰り返しのランニングやジャンプを過度に行った場合に発症しやすい障害です。

運動時および運動後に脛骨中央から下1/3の内側後方を中心に縦長に広い範囲で痛みがおこる過労性障害で過労性脛骨骨膜炎とも呼ばれています。

バスケットボールやバレーボール、陸上競技などのダッシュやジャンプを繰り返すスポーツをしている方に多くみられます。特にランナーの発生頻度が高く、ランナーの20〜50%に発生すると言われます。

シンスプリントの原因と症状

シンスプリントの主な原因としては過度の運動量、長時間の運動、フォームの変更、コンクリートなどの硬い路面や硬いグラウンドでの練習、底が薄いシューズ、下肢の形態異常(O脚、回内足、扁平足など)、

足関節の柔軟性低下や下肢の筋力不足、足部の疲労による衝撃緩衝能(体にかかる衝撃を和らげる能力)の低下など様々です。

また、新しく始めた運動の運動時間や運動量の増加も原因です。

下腿内側筋群の疲労による柔軟性低下、特にヒラメ筋を主として後脛骨筋、長趾屈筋付着部が脛骨(スネ)の表面を覆う骨膜を牽引して骨膜炎をきたし、下腿内側の痛みを発生させ、特に脛骨内側部の張力が高くなる状態として、足関節外反や足部回内が関連すると考えられます。

このようにシンスプリントは複数の様々な要因が、複雑にからみあって発症する障害なので簡単には治らないことも多いです。

シンスプリントになり痛みが強い状態で練習をすると障害が悪化して、疲労骨折に移行しやすくなります。

疲労骨折になってしまうと歩行にも支障が出ますし、治療のために長期間運動を中止しなくてはいけなくなります。

スネに痛みがあり、シンスプリントかも?という場合には、上尾ひかり整骨院、蓮田ひかり整骨院にご相談ください。

症状は痛みに応じて、以下のように分類できます。

  • ステージ1:運動後のみ痛みがある

  • ステージ2:運動中に痛みがあるが、スポーツ活動に支障はない

  • ステージ3:運動中に痛みがあり、スポーツ活動に支障をきたし

  • ステージ4:安静時にも慢性的な持続する痛みがある

ステージ3以上では運動を中止する必要があります。

(Walsh の分類 臨床スポーツ医学:2014 Vol.31)

シンスプリントの重症度分類

※八木茂典:下腿スポーツ外傷と障害.スポーツ トレーナーマニュアル.改訂第 2 版.南江堂

疲労骨折との違い

シンスプリントとは腱膜の炎症なので、初期の段階ではレントゲンには写りません。

レントゲンに写るということは、すでに悪化して、骨にも異常がある状態です。

また、シンスプリントと似ている疾患に「疲労骨折」があります。

長期間、すねの内側の筋肉だけに痛みがある場合には「疲労骨折」との鑑別が必要です。

疲労骨折も初期の段階では、レントゲンに写らないので、シンスプリントと区別するためには、MRI検査(T2脂肪抑制撮影)が有効です。

・シンスプリント:肥厚した変化(白く表示される部分)が小さい

・疲労骨折:肥厚した変化(白く表示される部分)が大きい

※目安なので、はっきりしない場合もあります。

シンスプリントのあまり知られていない事実|埼玉県 ひかり整骨院

  • ・シンスプリントの痛みを解消するに長趾屈筋へのアプローチが大切
  • ・足部回内(舟状骨降下)はリスク要因ではない
  • ・シンスプリントの真の原因は全身状態の不良
  • ・女子選手におけるシンスプリント発生と BMI, 股関節内旋角度の相関
  • ・男子選手における脛骨疲労骨折発生とSLR(下肢伸展挙上角度)の相関

事実から見えるシンスプリントの治し方|埼玉県 ひかり整骨院

・長趾屈筋のストレッチとマッサージ

・足底筋群のストレッチと筋力強化

・睡眠、休養、栄養、心的ストレスのマネジメント

・適切な体脂肪量のマネジメント

・股関節、下肢の柔軟性の獲得

シンスプリントが治らない・悪化する理由は?|埼玉県 ひかり整骨院

運動中や運動後にスネに痛みを感じ、病院や整形外科を受診しシンスプリントの診断をされ、湿布や痛み止めを処方された方も多いのではないでしょうか。

運動を休止し痛みがなくなったから練習を再開し、またスネの痛みが出てしまうことも少なくありません。

また、部活動や運動などを休めない為、テーピングやサポーターをつけて練習を継続することもシンスプリントが治らない、悪化する理由の一つです。

シンスプリントの原因である運動量、時間の調整、ふくらはぎの筋肉の柔軟性の改善のためのセルフケアなども大切です。

・扁平足の放置も原因の一つです。

扁平足を放置すると筋肉の負荷が軽減されません。

ランニングやジャンプの際の着地の時に土踏まずがつぶれるような回内足という現象が改善しない

・筋力や体力に合わない練習量の多さ、運動強度の強さ

→筋力に見合わない練習は筋肉への負荷が大きい

良く起こるケースで学年が変わったときや、新チームになったときに自分の筋肉量がついていかずに痛みを長引かせてしまいます。

・休息をとらない、または十分でない、練習後のストレッチが不十分

→筋肉が硬くなった状態が継続し、柔軟性も回復しません。

練習後のストレッチやセルフマッサージなどの対策をしていないことも改善しない理由となります。

しかし、実際には足の指が持ち上がった状態でいたり、骨盤や背骨の機能不全によって使い方の間違いが足に起きているケースが多く、その場合には、それらの症状改善を最優先に行う必要があります。

シンスプリントの複雑な痛みや長引く症状の負担から心身のバランスが崩れ、身体の運動機能が上手く働かなくなったり、様々な体の不調が出てきます。

この状態をマルファンクションといいます。

マルファンクションは「シンスプリント」の根本的な大きな原因のひとつであることが多いです。

この状態を改善しないとシンスプリントが治らない。悪化してしまいます。

上尾市と蓮田市にあるひかり整骨院のシンスプリントの施術方法とは?|埼玉県 ひかり整骨院

上尾ひかり整骨院と蓮田ひかり整骨院では、シンスプリントは、ふくらはぎの筋肉だけでなく、姿勢不良や筋力低下、身体の使い方などが原因と考えています。

上尾ひかり整骨院と蓮田ひかり整骨院の長年の研究から開発された「ニュートライズ療法®」でシンスプリントの原因となる筋肉、骨格、神経、姿勢などのバランスの崩れや関節の柔軟性の低下、骨盤周りの歪みの調整、足関節の矯正(アライメントの不整)、筋筋膜性疼痛症候群や神経の滑走性の悪さ、脊椎や関節の不安定性などを調整して筋、関節をほぐし、関節の運動障害を解消、神経の滑走性を誘導し、シンスプリントが再発しにくい姿勢と体を作っていきます。

怪我・疾患・ストレス・出産などにより心身のバランスが崩れ、体の運動機能が上手く働かなくなると、シンスプリントなどの症状をはじめ、様々な身体の不調が出てきます。この状態をマルファンクションといいます。

マルファンクション状態の身体を、ひかり整骨院オリジナルの評価法で検査します。

検査結果に従ってオリジナルの精密なストレッチ、神経ストレッチ、神経スラスト、マッサージ、筋膜リリース、運動療法などを用いて、多くの痛み、機能障害の原因である筋、腱の動きの悪さを解消し、関節可動域・姿勢・運動を正常化してニュートライズ・中立化し不調を解消。

そして筋力を増強することでニュートライズした身体を維持していく根本治療を目指します。

シンスプリントでお困りの方は今すぐ上尾ひかり整骨院や蓮田ひかり整骨院にお電話ください。

執筆者:資格/柔道整復師
総院長 山田 弘喜

ひかり整骨院総院長の山田弘喜です。
学生の頃から様々なスポーツを経験し、多くの怪我に悩まされ練習参加や試合出場ができず悩んできました。また、痛みにより日常生活にも支障をきたすことも経験しました。
日々の生活の中で痛みや不調を抱え、苦しんでいる方は多くいると思います。 そんな方を助けたい、少しでも手助けができればと思ってます。

お問い合わせ

蓮田院

  • title
  • 蓮田院
  • 蓮田院
  • 蓮田院
  • 住所:埼玉県蓮田市御前橋2-2-3
  • title
  • 上尾院 0487782182
  • 上尾院
  • 上尾院
  • 住所:埼玉県上尾市谷津2-2-2