頭痛|上尾市、蓮田市で口コミ評判のひかり整骨院グループ

受付時間

蓮田院

蓮田院

蓮田院

上尾院 0487782182

上尾院

上尾院

頭痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 後頭部のあたりに何となく鈍い痛みや重さがある
  • 階段の昇り降りや姿勢を変える時に痛みが増強する
  • 頭全体がバンドで締め付けられるような痛みが続く
  • ズキンズキンとこめかみや目のあたりが痛む
  • 頭痛と共にチカチカとした光が見える

頭痛症状はなぜ起きるのか?|埼玉県 ひかり整骨院

頭痛は「一次性頭痛」と「二次性頭痛」に分類されます。
危険な頭痛もあり自分の頭痛のタイプを知ることが大切です。

頭痛の分類(国際頭痛分類)

①二次性頭痛「悪玉頭痛」
脳の病気から頭の中の痛みを感じる組織が刺激されて起きる頭痛です。

脳腫瘍(のうしゅよう)、くも膜下出血やなどの大きな病気が隠れていることがあり「悪玉頭痛」と呼んでいます。悪玉頭痛は、麻痺症状や痴呆症状を伴うなど、普段の頭痛とは違います。特に「突然の頭痛」は、くも膜下出血かもしれません。すぐに脳神経外科などの病院に行きましょう。

②一次性頭痛「善玉頭痛」

ほとんどの頭痛がこのタイプです。比較的コントロールしやすいことから「善玉頭痛」と呼ばれています。片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。

慢性頭痛は成人の25%、頭痛全体で3000万人、片頭痛だけで840万人います(北里大学の調査)。
このうち医療機関で治療を受けている方はわずかで、多くは自分なりの治療で頭痛をごまかしています。

タイプ別の内訳は⒈頭が重い、鈍痛の緊張型頭痛22%、⒉頭の片側がズキズキ痛む片頭痛8%、⒊眼の奥の激痛である群発頭痛0.01%です。

慢性的に起こる頭痛は「緊張型頭痛」と「片頭痛」の2種類

緊張型頭痛

頭痛の中で一番多く、社会的、経済的に大きな影響を及ぼしています。

痛み発生の正確なメカニズムは不明です。
「慢性緊張型頭痛」においては中枢性の疼痛メカニズムがより重要な役割を果たしているのに対して「稀発反復性緊張型頭痛」と 「頻発反復性緊張型頭痛」については末梢性の疼痛メカニズムが主要な役割を果たしていると言われています。

緊張型頭痛では,触診による頭蓋周囲の圧痛の増強が最も重要なサインです。圧痛は非発作時にもみられて、頭痛の強さと頻度とともに増強し,実際の頭痛の発現中に一段と悪化します。頭蓋周囲の圧痛は、前頭筋、側頭筋、咬筋、翼突筋、胸鎖乳突筋、板状筋、僧帽筋上にあります。

片頭痛

こめかみから目のあたりが、心臓の動きに合わせるようにズキズキ強い痛みが起きるのが特徴です。
吐き気がおき、吐いてしまうこともあります。

40%の方は頭の片側だけでなく両側が痛みます。ひどい場合は持続性の痛みとなったり、ズキズキとしないことも50%ほどあります。月に1~2回の頻度の方が多いです。

毎日何カ月も頭痛が続く慢性片頭痛タイプがあります。
音や光、温度や気圧の変化に敏感になって吐き気や嘔吐を伴うことも多いです。体を動かすことで痛みが増すために生活に支障が出ます。

何かのきっかけで脳の一部が刺激され、顔の感覚をつかさどる三叉神経に炎症が起きたり、急激に脳の血管が拡張することで、ズキズキと脈を打つように片頭痛に特有の痛みが出るという説がありますが、はっきりとした原因は解明されていません。

頭痛が治らない、悪化する原因とは?|埼玉県 ひかり整骨院

原因がはっきりしない、ホルモン、ストレスなどの要因が影響していて痛みのコントロールが難しかったり、頭痛外来に行くほどの痛みではない、などの理由から市販薬を服用したりして自己治療をしている方が多いようです。

痛みを我慢していることが多いと血管の収縮や筋肉の緊張を起こし血行が悪くなって、『痛みを起こす物質』ができます。

通常の場合は痛みが起きても交感神経の反応はすぐに治まり血行が改善されて痛みが鎮まります。
痛みが長引いてしまった場合、血行の悪い状態が続いて『痛みを起こす物質』がたくさん発生するようになる場合があります。

『痛みを起こす物質』は血管を収縮させて、さらには血行を悪化させてまた『痛みを起こす物質』が発生する、という『痛みの悪循環』が起きます。

また痛みが慢性化すると『痛み感覚』が記憶され、痛みの原因がなくなっても痛みを感じてしまいます。

時には、痛みが続くことで痛みに気を取られがちになり、眠れなくなったり、不安からうつ状態につながり、ますます痛みに注意が向いて症状が重くなるという悪循環に陥ることもあります。

また、心身のバランスが崩れ、体の運動機能が上手く働かなくなったり、頭痛などの症状をはじめ、様々な体の不調が出てきます。
この状態をマルファンクションといいいます。
マルファンクションは頭痛の根本的な大きな原因のひとつであることが多いです。
この状態を改善しないと頭痛が治らない。悪化するということが起きます。

当院の頭痛の施術方法|埼玉県 ひかり整骨院

上尾ひかり整骨院と蓮田ひかり整骨院では緊張型頭痛を施術を得意としています。

また、疲労やストレスがきっかけで起こる片頭痛や群発頭痛、薬物濫用頭痛の疼痛コントロールや頭痛の発生予防のための施術をします。

上尾ひかり整骨院の長年の研究から開発された「ニュートライズ療法®」で頭痛の原因となる頭部、頚肩背部の筋緊張や関節の硬さを誘発する関節の歪みを調整し、筋、関節をほぐし、関節の運動障害を解消、頭痛が再発しにくい姿勢と体を作ることを目指します。

ニュートライズ療法®とは

怪我・疾患・ストレス・出産などにより心身のバランスが崩れ、体の運動機能が上手く働かなくなったり、頭痛などの症状をはじめ、様々な体の不調が出てきます。この状態をマルファンクションといいいます。

マルファンクション状態の体をひかり整骨院オリジナルの評価法で検査します。

検査結果に従ってオリジナルの精密なストレッチ、神経ストレッチ、神経スラスト、マッサージ、筋膜リリース、運動療法などを用いて、多くの痛み、機能障害の原因である筋、腱の動きの悪さを解消し、関節可動域・姿勢・運動を正常化してニュートライズ・中立化し不調を解消。

そして筋力を増強することでニュートライズした体を維持していく根本治療を目指します。

頭痛でお困りの方は今すぐ上尾ひかり整骨院や蓮田ひかり整骨院にお電話ください。

お問い合わせ

蓮田院

  • title
  • 蓮田院
  • 蓮田院
  • 蓮田院
  • 住所:埼玉県蓮田市御前橋2-2-3
  • title
  • 上尾院 0487782182
  • 上尾院
  • 上尾院
  • 住所:埼玉県上尾市谷津2-2-2